2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

20歳未満の未成年がお金を借りることは出来るのか

高校を卒業し、専門学校や大学に通ったり、フリーターとして生活している20歳未満の人は多いですが、毎月使えるお小遣いが限られているので、苦労している方もあるかも知れません。

もし急な出費が必要になった際、消費者金融や銀行などの金融機関から、未成年がお金を借りることが出来るかどうか、気になっている方もあるでしょうが、通常は難しいので、学生ローンを利用できるところに絞って申し込んでください。

多くの金融機関の貸付条件には、安定した収入のある20歳以上の人と定められているので、未成年が申し込んでも、年齢の段階で審査で落とされてしまいます。

未成年の人がお金を借りられない理由は、未成年者の契約行為が民法で認められていないためですが、例外として、既婚者であったり、法人経営者の場合は成人扱いされて、融資を受けられる可能性があります。

しかしすべての金融機関ではないので、申し込みを行う前に問い合わせるようにしましょう。

通常のキャッシングやカードローンではなく、未成年を対象にしている学生向けローンなら、20歳未満の方でもお金を借りることが出来るので、いざというときは利用するようにしてください。

学生向けローンを利用する場合は、学生証やバイクや自動車などの運転免許証などの本人確認書類が必要になります。

担保や保証人は必要ないですが、アパートで一人暮らしをしている人よりは、実家暮らしの人の方が、親もいて、身元がしっかりしているので、審査で受かりやすくなっています。

また未成年がお金を借りる場合、たとえアルバイトなどの収入があったとしても、それほど多くは稼げないので、まとまったお金を借りるのは難しくなります。

利用限度額は多くても30万円ほどなので、少額融資しか受けられないことを納得してから申し込んでください。

学生向けローンは中小企業による貸し付けになるので、大手に比べると多少サービスは劣りますが、口コミの評判の良いところを選べば、安心して利用することが出来るでしょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top