2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

年金を利用してお金を借りる方法

定年を迎える年齢に達すると、年金を受け取れるようになります。

若い頃とは違って仕事を継続して続けることが困難な年令になってきますが、定期的にお金を受け取れるこの制度があるおかげで、老後の生活費を用意することができ、安心して生活を続けることができます。

年齢を重ねたとしても、生活に必要なお金が不要になる訳ではなく、突然お金を準備しなければならない場面に何度も出くわすようになります。

そんなときには業者からお金を借りる方法が役に立ちますが、年齢が高いと一般的な業者から融資を断られる確率が高まってしまうのが困った部分です。

お金を借りることが難しいなら、年金を担保にした方法を活用してみましょう。一般的な業者ではなく、国の独立行政法人のサービスを利用する形で、お金を借りることが可能です。

独立行政法人福祉医療機構が行っているサービスで、国民と厚生、労災の3種類の年金受給者が対象になっており、生活保護を受けていなければ利用することができます。

借りられる金額は10万円~200万円までです。但し、年金の支給額によって金額が変化するようになっており、支給額の8割程度を目安に上限額が決定します。

また、1回の返済額に対し、15倍の金額までに抑えられます。生活に必要なものを購入する理由で借りる場合には、80万円が上限になります。

担保が存在するとあり、一般のキャッシングサービスに比べると借りられる金額が多めであるのがメリットです。借りたお金の使いみちは限定されており、遊びに使ったり、賭け事の資金に使うことは許されていません。

医療費やリフォーム費用、事業性資金や借金の返済などには使えます。10万円以上を借りる場合は利用目的を問われますので気を付けましょう。

返済は年金から自動的に差し引かれますので、面倒な手続きが不要なのがメリットです。ちなみに共済年金などの主に公務員向けの年金を担保にした融資に関しては、日本政策金融公庫がサービスを取り扱っています。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top