2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りるとデビットカードの審査に影響がある?

お金を借りると、個人信用情報に契約情報が記録されます。基本的には、クレジットカードやカードローンを契約しているだけでは、信用が落ちる理由にはなりません。

しかし、カードローンを何枚も持っていて、その限度額が大きい場合には、大きく信用が落ちてしまうこともあります。

例えば、年収が400万円なのに対して、カードローンを3枚持っていて、その限度額の合計が130万円である場合には、かなりギリギリのラインなので、これ以上借りることは難しいでしょう。

借入件数が多いということも信用が落ちる原因になりますが、年収の3分の1程度まで借りてしまっていると、総量規制の関係もあり、審査に通る可能性が低くなります。

クレジットカードについても、キャッシング枠はカードローンと同じ機能を持っていますので、信用情報に影響します。

ショッピング枠については、基本的には借金ではないので、影響はありませんが、支払い方法をリボ払いや分割払いにしていると、借金と同じに扱われてしまうこともあります。

また、延滞をしていると、年収に余裕があっても、信用が落ちることがあります。延滞を繰り返すような人は、約束を守らない人というレッテルを貼られてしまって、金融機関からのイメージが悪くなります。

他社からたくさんの借金がある人や、延滞を繰り返している人、過去に債務整理をした人などは、クレジットカードの審査に通らない傾向があります。しかし、デビットカードについては、基本的にはだれでも持てるものなので、影響はありません。

過去に債務整理をしてクレジットカードを作れなくなった人には、デビットカードがおすすめです。デビットカードはポイント還元率が0.2%~0.3%程度とかなり低めになっていますが、ネット銀行のデビットカードなどでは、還元率が1.0%となっているところもあります。

複数のデビットカードを比較して、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。口座に残高を用意している必要があるので、まずはメインバンクの商品を検討してみましょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top