2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りる前に解約する必要性

カードローンやクレジットカードを複数枚持っているという人も珍しくありません。しかし世の中には、利用していなくても契約があるだけで審査に通りにくくなってしまうローンがあります。それが住宅ローンです。

通常のカードローンやクレジットカードの場合、他社に契約があったとしても、そこまで大きな判断材料にされることはありません。

もちろん利用残高が収入に見合っていなかったり、滞納しているような履歴がある場合は契約することができません。

しかし総量規制対象の消費者金融のカードローンでさえ、利用していない他社の契約額については自社での契約額に与える影響は軽微なのです。

住宅ローンの場合、今利用残高がなかったとしても、そのうちお金を借りる可能性が考慮されます。借入額が増えてしまえば支払額も増加し、住宅ローンの返済ができなくなってしまう可能性があります。

住宅ローンのように厳しい審査を必要とするローンでは、利用しているしていないにかかわらず、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は審査の対象となるのです。

もしこれから住宅ローンの申し込みをしようと考えているのであれば、使っていないカードは解約したほうが有利になります。ただし銀行では住宅ローンと並行してカードローンの契約ができるところも存在しています。

住宅ローンの借り入れがあればカードローンの金利が有利になることもありますので、もし複数の契約がある人は、住宅ローンの契約を行う金融機関で一本化してみるのも良いかもしれません。

金融機関側にとっても借り入れがすべて自社であれば、リスクをある程度管理することができるのです。また、解約したからと言って信用情報に記録されているデータが直ちに消されるというわけではありません。

利用履歴が消えるのは2年程度かかりますし、住宅ローンを利用する予定があるのであれば、なおさらカードの利用方法には注意をしておかなくてはなりません。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top