2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りるとローン減税が受けられる?

お金を借りるとローン減税が受けられるという噂がありますが、これは基本的には正しくありません。お金を借りても、基本的には税金を減額できるといった効果はありません。

むしろ、利息がかかる分損をするので、税金を減らすためにローンを組むというのは、本末転倒となります。

例外的に、住宅ローンについては、住宅ローン減税を受けられます。マイホームは生活の基盤であり、人生において重要なものなので、特別な扱いがされていると言えます。

住宅ローン減税が受けられるのは、住宅ローンを組んでから10年間です。年末時点のローン残高に応じて、1%分支払った税金が戻ってきます。

3000万円の住宅ローンを組んだら、最初の年にその1%の30万円の減税が受けられるというわけではないという点に注意が必要です。

年末時点での残高の1%なので、繰上げ返済などをして、元本を大きく減らしていた場合、減らせる税金の金額も減ってしまいます。

一般的には繰り上げ返済をするタイミングは早ければ早いほど良いですが、年末に繰り上げ返済をするよりも、1月になってから繰り上げ返済をしたほうが、住宅ローン減税の恩恵を受けられるので、総合的にはメリットが出ることも多いでしょう。

住宅ローンのような例外を除けば、お金を借りることでローン減税が受けられるということは、基本的にはありません。

住宅ローンは金利がとても低いので、引っ越し代金や家具の購入費なども一緒に借りてしまいたいと思うかもしれません。

しかし、住宅ローンでは資金使途がとても厳格に定められているので、住宅の購入費やリフォームの費用などにしか使うことができません。

逆に言えば、住宅の購入費やリフォームの費用に限るなら、とても低い金利で借りられて、さらに住宅ローン減税の恩恵も受けることができます。

住宅ローン減税と、マイホーム売却の3000万円控除の特例は併用ができません。マイホームを売却して、新しい家を購入する場合には、よく考えて特例を利用しましょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top