2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りる際に必ず知っておきたい、金利計算の基礎知識

お金を借りるという行為は、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りて終わりではなく、むしろ返済するまでが一連の流れにおいて一番重要です。

その返済の時に必ず絡んでくるのが、各金融機関において定められた金利によって算定された利息です。お金を借りる人の多くは、審査が無事に通ってお金を借りられたことに満足してしまい、返済のことは二の次に考えてしまいがちです。

反対に、賢く利用する人というのは、お金を借りる前にきちんと返済計画を立てるものであり、特に金利計算による利息の支払いはきちんと考慮しています。

金利計算を考慮して利用するのとしないとでは大きな違いが出るので、まずは金利計算の基礎から知っておくようにしましょう。

そもそもなぜ金利というものが存在しているのかといえば、それは金融機関がお金を貸すことによって利益をあげるためです。

つまり、貸したお金よりも返ってくるお金の方が大きければ、その差額が利益となるので、それによって経営を成り立たせているといえます。

金利の大きさを金利といい、各金融機関によって若干の差はあるものの、借入金額に応じて概ね同程度の金利が設定されています。

金利計算の基本は、元本に年利を掛け合わせることであり、たとえば100万円を年利1%で借り入れたとすれば、利息は年1万円ということになります。

ただし、企業でもない限り元本の満額を1年間借り続けることは少ないので、ほとんどの場合は月割り若しくは日割り計算を行います。

これらの金利計算は、お金を借りる際の返済計画として行われることが普通ですが、最近ではネットで簡単にシミュレーションを行うことができます。

そのため、お金を借り用とする前に、自分で簡単にシミュレーションしておくと、その後の返済計画をスムーズに立てることができるでしょう。

金利計算の仕組みなどは、普段なかなか触れないことなので分かりづらいですが、キャッシングやローンなどを賢く利用するためには重要な概念なので、まずは基本的なことから少しずつ理解していくようにしましょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top