2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りる際は借入額をいくらに設定するかが審査通過の大きなポイント

毎日の暮らしは度重なる出費の連続です。

生活費だけでもかなりの出費になることがしばしばですが、人によっては仕事関連の飲み会や接待が多くて出費がかさんでしまうケースもあるでしょうし、交友関係やデートなどで思いのほか支出が多くて手持ちのお金が足りなくなってしまうこともあるはずです。

さらに急な冠婚葬祭に際してお金を包まなければならなくなったり、急なタイミングで出張などが飛び込んでくると旅費を立て替えなければならないケースも生まれます。

このような時にもしも手持ちのお金だけでは対処できないようであれば、銀行や消費者金融を使ってお金を借りることを考えてみると良いでしょう。

これらの金融機関では利用者の利便性に即した様々な借り入れ方法を提供していますが、とりわけキャッシングやカードローンは申請手続きや審査も比較的簡単で、今日や明日にでもお金が必要な場合でもスムーズに借り入れを済ませることが可能です。

ただし、このようにお金を借りるにあたって重要になるのが借入額の問題です。申請者によってその希望する借入額は異なってくるものですが、その申請内容にて希望通りに行くかどうかの結果はそれぞれの融資基準によって異なります。

多くの場合にはお金を借りる人物の氏名、生年月日、住所、職業、勤務先、勤続年数、年収、家族構成、賃貸か持ち家か、などの必要情報を精査した上で融資限度額が算出されますので、この限度額が希望額を上回っていれば借入額をそのまま手にする事が可能となります。

この時、審査担当者は信用情報機関への照会によって過去の借入状況や現在の他社からの借入の有無などをしっかりとチェックします。

こうして個人としての信用度を精査すると同時に、現在の借入額が総量規制に抵触していないかどうか問いった点も確認します。

もしも年収の3分の1を超える融資をすでに受けている場合にはこの基準に引っかかってしまいますのでさらなる借入はできない仕組みとなります。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top