2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りる時に虚偽申告をしたらどうなるの?

お金を借りるに虚偽申告をしても、それほど問題にならないことが多いです。その理由として、相手はプロの金融機関であるということが大きいでしょう。

一般人が一般人を騙してお金を借りたのであれば、詐欺罪などで訴えられてしまったり、損害賠償を請求されたりする可能性も高いかもしれません。

しかし、相手がプロの金融機関なのであれば、会社側の責任がそれなりに大きいため、詐欺罪で訴えられるというケースはそれほど多くありません。

審査の時にはしっかりと本人確認をする必要があり、借りる金額が大きい時には収入証明書の提出も必要になるので、基本的には虚偽申告をしても、高い確率でバレて、審査に落とされます。

よくあるのが、借入件数をごまかすというものです。本当は3社から50万円ずつの借金があるのに、2社から合計50万円の借金があるというように、少なめに申告をする人は多いようです。

しかし、個人信用情報を見れば何社からいくらの借金があるのかということはすぐにわかってしまいますので、審査落ちの原因になります。

クレジットカードについているキャッシング枠などは、忘れていて申告をしない人もいますので、絶対に審査に落ちるというわけでもなく、無理のない金額ならば借りられることもあります。

このように、お金を借りる時にはしっかりと審査がされるので、基本的には虚偽申告をしてもバレて、お金を借りられなくなったり、借りられる金額が少なくなったりするだけで、詐欺罪で訴えられるということはありません。

しかし、書類を偽装するなど、悪質な場合には、詐欺罪で訴えられてしまうこともあります。信用が低下してその金融機関では一生お金が借りられなくなってしまう可能性もあります。

お金を借りる時には、正確な情報を記入することが一番良いです。正確な情報を記載していればお金を借りられたのに、嘘の情報を記載したために信用が落ちて、お金が借りられなくなったらもったいないです。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top