2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りる際には身分証明書を準備する

消費者金融や銀行といった金融業者からお金を借りる場合には、最低限、身分証明書となるものをあらかじめ準備しておくのがよいといえます。

最近ではカードローンなどの申し込みをしたその日のあいだに審査が終了し、しかも実際に指定した口座に入金までしてもらえるといった、スピード重視のサービスをしている金融業者もあります。

特に消費者金融などはフットワークの軽さがありますので、こうしたスピード感をもった手続きを約束してくれているところが多いといえるでしょう。

しかし、そうした場合であっても、やはり提出しなければならない書類があるものです。あまり金額が大きくない場合であれば、身分証明書だけがあれば、あとは住所、氏名や年収、職業などといったところは、すべて自己申告だけということになりますので、特に問題はありません。

もっとも、職場への在籍確認の電話などは入る場合がありますので、虚偽の申告などはしないようにすることは必要です。

身分証明書にあたるものとしては、運転免許証、パスポート、外国人登録証明書、マイナンバーカードといったものが挙げられますが、要するに、本人であることがはっきりとわかる写真がついている公的な証明書にあたるものと考えておけばよいでしょう。

もしもこうした証明書がない場合には、国民健康保険の被保険者証などといった、別の写真がついていない公的な証明書と、それにプラスして、会社の職員証などといった、別の証明書が求められることが多いといえます。

また、お金を借りる金額が大きな場合であれば、これらの書類に加えて、収入証明書が必要となるケースもあり得ます。

収入証明書というのは、会社から発行される源泉徴収票や給与明細、税務署に提出する確定申告書の写し、市町村役場や税務署で手数料を払って発行してもらうことができる納税証明書、所得証明書、課税証明書などといったものがありますが、数百万円単位でお金を借りる場合のみと考えてもよいでしょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top