2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りる場合の返済シミュレーション

銀行などの金融機関からお金を借りる場合には、借り入れの条件によって、実際に返済するトータルの金額がかなり変わってしまう可能性があるということを考慮しておかなければなりません。

お金を借りる上での条件としては、たとえば、金利そのものの割合、固定金利や変動金利といったタイプの違い、借り入れをする期間、ボーナスが出たときに通常の月の分に加えて返済をするかどうか、などといったことがらになります。

こうした条件をどのように変化させれば最適になるかというのは、素人が計算しようとしても、なかなかむずかしいといわざるを得ません。

この場合、銀行のローンプラザなどに行けば、スタッフが返済金額などをシミュレーションして提示してくれるサービスがありますので、心配であれば利用してみるのもよいでしょう。

あまり詳細ではなく、ざっくりと計算結果がわかればよいというのであれば、銀行のホームページのローンのコーナーに、やはり同様にインターネットを通じてシミュレーションができるようなシステムが搭載されている場合があります。

こうしたシステムは、さきほどの金利や期間などを入力してボタンを押すだけで結果がわかるというすぐれたものですので、ためしてみる価値はあるといえるでしょう。

銀行だけではなく、消費者金融のようなところでも、やはり同じようなサービスをしているものです。特に、銀行よりもインターネットを通じたサービスは充実している場合が多いものですので、実際にホームページを確認しておくのがよいといえます。

シミュレーションをしてみた結果として、あまりにも返済金額が大きくなってしまっているようであれば、入力する条件を見直してみる必要があるといえます。

たとえば、借り入れをする期間が長すぎるようであると、毎月の支払い金額そのものは低くおさえられるかもしれませんが、その期間の分だけ金利が上乗せされていきますので、トータルとしてみた場合には、通常の場合よりも返済金額がかなり大きくなってしまうことが考えられます。

その場合には、返済期間を少なくして、毎月の返済額を多少大きくしてでも金利の負担を避けるという方法がまず挙げられます。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top