2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りると過払いは必ず発生する?

近年は弁護士が過払い金請求のCMを積極的に行っていますが、ローン利用者が全員対象になるわけではありません。低金利で融資する銀行は対象外であり、大まかに言えばグレーゾーン時代に消費者金融からお金を借りていた方が対象となります。

当時は信販会社もカードローンを用意していましたが、ほとんどの方は消費者金融から借りていました。お金を借りると過払いが発生するわけではなく、グレーゾーン金利分が返還されるのです。

例えば、100万円を15.0%で借入していた場合、1円も返還されることがありません。100万円を15.0%でお金を借りることは、法的にはなんの問題もないからです。

15.0%を超えてしまうとグレーゾーンとなり、25.0%で借りていたなら10.0%も多く利息を支払っていたことになります。この10.0%分が返還対象となり、弁護士に依頼すれば回収手続きをしてくれます。

過払い請求のメリットは、信用情報にデータが残らないことにあるのです。ここが債務整理と違うところであり、ペナルティは一切ありません。

ただし、該当する金融機関に対しては、今後にお金を借りることは難しいでしょう。お金を借りるには他社を利用する必要があるため、グループ業者も避けたほうがよいです。

長期にわたって多額の借入をしていた方は、数百万円の過払いが発生していることもあります。高額を回収することで、借金がゼロになることもありえます。

過払いの発生に関して、業者が伝えてくれることはありません。自分でシミュレーションをして気づくか、弁護士に計算してもらうしかないのです。

発生している事実がわかれば、あとは弁護士に回収代行をしてもらいましょう。弁護士報酬の支払いをしても、その何倍もの恩恵を受けられます。

一般的に弁護士報酬というのは、回収額の30%未満になっていますから、報酬以外は自分のお金となります。借金の返済が厳しくて、過去にグレーゾーンの借入履歴がある方は、弁護士に相談してみるべきでしょう。"

↓↓↓

お金を借りる方法

Top