2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りる際には返済が遅れた時の遅延損害金について理解しておくべき

日々の暮らしの中でついお金が不足してしまうことは多いものです。

自宅の家賃や食費、生活費、その他の公共料金の支払いだけでも給与の多くが費やされてしまうのに、それに加えて毎月の交友費や趣味への出費、保険料の支払い、さらには家族とのレジャーや外食、子供の教育費に至るまでお金のかかるケースは数限りなく存在します。

もしもこのような時にお金が足りなくなった時には、銀行や消費者金融などでお金を借りることを考えると良いでしょう。

お金を借りる際には手続きの面倒な高額ローンではなく、比較的簡単に申請と手続きが行えるキャッシングやカードローンなどを用いると便利です。

キャッシングならばネットや電話などからの申請ですぐに銀行口座に振り込みを受けることができますし、カードローンならば一枚の個人カードを発行するだけでピンチの時にはすぐに近場のATMに駆けつけるだけで融資金を得ることができます。

特に最近では金融会社とコンビニチェーンとの提携が進んでおり、店内ATMを用いると24時間いつでも好きなタイミングでお金を借りたり、返したりすることができて便利です。

ただし、これらの借入を行うということは返済の義務を負うということでもありますので、毎月の返済日までには決められた金額をきちんと支払うことが不可欠です。

その方法は口座振り込み、自動引き落とし、ATMからの払い込み、店頭での支払いなど様々な方法から選ぶことができますが、期日までに支払いが完了しなければペナルティを負うことになります。

その最も顕著な例といえるのが遅延損害金の発生です。返済日を過ぎても何も連絡がないからといってそのままにしていると、いつの間にかこの遅延損害金がかかっている場合が多いもの。

遅れた分だけの利率が日数に掛け合わされた形で請求されることになりますので、利用者にとっては利息にこの遅延損害金を上乗せした形で支払う義務が生じてしまいます。

さらなる負担を増やさないためにもできるだけ遅延損害金が発生しないように、早めに支払いを行うことが重要といえるでしょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top