2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

延滞しないようにお金を借りる

お金がなくて困ったとしても、出来ればお金は借りたくないものです。

それでも借りなくてはいけなくなった時には、友人から借りるというのも友人関係にひびが入ってしまうかもしれないと気が引けますので、カードローンなどを利用してしまうことになるでしょう。

カードローンもうまく利用すれば、少ない利子で借りることもできますので、本当に困った時だけ利用するのであればいいのかもしれません。

いつも借りてもきちんと返済で来ているから大丈夫と、お金を借りるのが癖になってしまうと、それが当たり前の生活になってしまいます。

お金を借りるのが当たり前になってしまうと、ATMでお金をおろしているのと同じ感覚になってしまい、ついつい気軽な気持ちでお金を借りるようになっていく人もいます。

もちろんそれでも返済ができていればいいですが、お金を借り過ぎてしまい、返済できなくなって延滞をしてしまった場合にはどうなるのでしょうか。

お金を借りた場合には、必ず返済期日が設けられるようになりますが、その期日を守れずに延滞をした場合、その延滞日数によって個人信用情報に傷がついてしまうことになるのです。

一般的には、61日以上または3ヶ月以上の長期間延滞をしてしまうと、個人信用情報に傷がつくようになってしまいますので、遅くてもこの期間までには支払いをするようにしなくてはなりません。

返済期日を過ぎてしまうと数日で消費者金融が支払いをしてくださいという旨の電話をかけてくる場合があります。

返済期日を忘れていた場合にはすぐに支払えばいいですが、最速の電話があっても支払うことが出来ない場合には、電話をもらっても支払えなくなります。

そんなときには、理由を伝えていつまでには支払いますという旨を伝えてみることです。全く支払う意思がないと思われてもいけませんので、きちんと支払う気持ちがあることを伝えるようにし、誠意を見せながら返済をしていくようにしなくてはなりません。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top