2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りることと、信用情報の関係や基礎知識

銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りるときや、住宅ローンなとを組むときなどには、必ず審査が行われます。

これは、お金を貸しても問題ないか、ローンを組んでもしっかりと支払ってくれるかなど、各金融機関が利用しようとする人に対して行うものであり、その際に重要になるのが信用情報です。

信用情報とは、氏名や住所、勤務先や年収などの個人情報や、お金を借りたことの履歴、延滞や破産などのいわゆる金融事故の履歴などが記載された情報であり、管理会社によって一括して管理されています。

各金融機関は、利用者の審査を行おうとするときに個人情報を参考にし、お金を貸したりローンを組んだりできるかを判断します。延滞や破産などの金融事故に関する履歴がある場合には、当然ながらなにも問題がない人に比べると信用度が落ちるので審査に通りにくくなります。

こうした金融事故に関する履歴は5年程度残り、仮にこれよりも短い期間内に延滞などを解消したとしても、所定の年数は履歴が残り続けることになります。

したがって、この期間中はお金を借りたりローンを組んだりすることが極めて困難になるので、信用情報に傷を付けることは避けましょう。

自分の信用情報は、管理している会社に問い合わせることにより確認することができます。

特に借りたお金の返済を延滞したり、返済不能に陥ったりしたことなどがなければ確認する必要はありませんが、少しでも心当たりがある場合や、不安な場合などには、自分で確認することによって情報を得ておくことも効果的でしょう。

信用情報に傷が付く場合としては、前述した返済の延滞や破産などの他にも、債務整理や代位弁済、延滞が長期にわたるなどの理由による強制解約などが挙げられます。

きちんと計画してキャッシングなどを利用すれば、これらに陥ることは基本的にありません。一度信用情報に傷が付くと、この先非常に不利になるので、しっかりと意識して利用するようにしましょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top