2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りるとき保証会社との関係

消費者金融などからお金を借りるにあたっては、一般的には保証人が必要ないことが多いものです。

お金を借りるとはいっても、銀行の住宅ローンなどのように、使い道があらかじめ決まっていて、しかも金額的に大きなものである場合には、親戚などから保証人を立てることが必要となってくる場合があります。

しかし、カードローンやキャッシングといった、金額的にもそれほど大きくはなく、目的も特に問わないようなものであれば、保証人の心配はあまり考えなくてもよいといえます。

こうした場合ですが、実際のところは、保証人を立てることに代わって、特定の保証会社が、保証人と同様の役割を果たしてくれているのです。

保証会社というのは、お金を借りた本人が、万が一にも返済ができなくなってしまった場合に、本人になりかわって、銀行や消費者金融などの貸し手に返済をすることを仕事としています。

当然ながら、無料でこうした仕事をしているわけではありませんので、一定の保証料を支払うというかたちにはなっています。

お金を借りる際の審査については、銀行や消費者金融といった貸し手そのもののほかに、実はこうした保証会社がかかわっているケースがみられます。

その場合、本人の収入から考えて、返済の見込みがどの程度あるのかということが、重要な審査のポイントとなります。

基本的には本人の年齢、職業、勤務先、勤続年数、家族構成、年収などといったデータをもとにして、客観的に点数付けをした上で、一定の点数に達しているかどうかを確認することになります。

もしも年収が少なすぎて、本当に返済ができるかどうかうたがわしい場合には、保証会社の審査で除外されてしまいますので、銀行や消費者金融がいくら同意したとしても、実際にお金を借りることはむずかしくなってきます。

こうした場合の対応としては、年収に見合う程度まで希望する金額を少なくするか、いっそ条件のよい他の業者を探すということになってくるでしょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top