2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りる場合の収入証明書とは

消費者金融、銀行、信用金庫などといったところからお金を借りる場合に、いくつかの書類の提出を求められる場合があります。

かならず必要になる書類としては、本人の身分証明書が挙げられますが、これは運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどといった、写真がついた公的な証明書ということになります。

そのほかに必要になるものとして、収入証明書とよばれるものがあります。実は収入証明書に関しては、お金を借りる金額が大きい場合に限定されていることが多く、これは金融業者によって、基準となる金額がまったく異なっています。

したがって、ある業者では300万円を超過しなければ提出の必要がないのに対して、違う業者では100万円からは提出の必要があるといったこともありえますので、よく業者のパンフレットやチラシ、ホームページなどの記載内容を確認しておいたほうがよいでしょう。

こうした収入証明書にあたるものですが、一般的なサラリーマンであれば、会社から毎年初項されている源泉徴収票や、毎月の給与明細などといったものが該当します。

もしもこうしたものがなければ、市町村役場の税務課か、あるいは税務署が発行している納税証明書、所得証明書などといったものが利用できます。

所得証明書などを発行してもらう場合は、いくらか手数料を支払う必要がありますが、それほど大きな金額ではありませんし、場合によっては郵便や、インターネットを経由して、発行の手続きをしてもらうことも可能です。

また、収入がなければ非課税証明書とよばれるものもありますが、そもそも収入がないのにお金を借りるということはむずかしいので、あまり関係はないかもしれません。

自営業者、個人事業主などであれば、所得証明書などの公的な証明書類はもちろん受け付けてもらえますが、そのほかにも、税務署に毎年提出している確定申告書の写しなどで代用することが可能です。この場合、税務署の受付済みのスタンプが押されていることは確認しておきましょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top