2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

セカンドハウスローンでお金を借りる場合の条件

銀行や信用金庫、信用組合、消費者金融などといった金融業者からお金を借りる方法にはいくつものものがありますが、そのなかでもユニークなものとして、セカンドハウスローンが挙げられます。

こうしたローンは、従来からあったものではなく、どちらかといえば、最近になってから、金融業者のサービス向上策としてはじまったようなものですので、すべての業者で取り扱っているというわけではありません。

このセカンドハウスローンの対象となっているのは、文字をみてもわかるとおり、セカンドハウスを購入する資金ということになります。

この場合、新たに土地を購入して新築するのであれば、土地と建物の両方が対象となりますし、中古の建物を購入した場合についても同様といえます。

また、通常であれば、セカンドハウスの増改築などの資金についても含めることが可能です。セカンドハウスといえば、本拠としているマイホームに加えて、どこか別の場所で生活をするための拠点ということになりますが、夏休みや冬休みといったシーズンだけ滞在する別荘を購入する場合についても、セカンドハウスと同様に取り扱われます。

実際にお金を借りるための条件ですが、こうした用途でお金を使うということに加えて、たとえば20歳から70歳までといった、年齢の制限をともない、安定した収入があることが規定されているケースが多いといえます。

それというのも、一般的な住宅ローンに準じて審査などが行われることになっているためで、あわせて団体信用生命保険に加入することも求められます。

団体信用生命保険は、本人の健康状態に不測の事態が生じて、途中で借りたお金が返済できなくなってしまったような場合に、その残額を補填するための生命保険ということになります。

一般的な住宅ローンでは、この団体信用生命保険に加入することは必須であり、そのために事前の健康診断の結果を提出することなども義務付けられますが、このローンに関しても基本的な考え方は同じです。

お金を借りる方法

Top