2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りる際の審査時に注意が必要な総量規制とは一体どんなもの?

毎日の生活は度重なる出費の機会でいっぱいです。特に忙しい仕事の疲れを癒すべく、自分の趣味やレジャー、ファッション、グルメなどでホッと一息つく時には、それに見合うだけのお金が手元になければ何も始まりません。

また、仕事関連で急な飲み会が飛び込んできたり、気の合う仲間との会食の機会などがあると、その費用をきちんと捻出する必要があるでしょう。

もしもこれが不可能で、財布の中のお金がずっと乏しいままであるならば、思い切って金融機関でお金を借りることでピンチから脱出できるはずです。

お金を借りる方法には様々なものがありますが、特にカードローンやキャッシングならば申請手続きも簡単で、即日審査、即日融資も可能です。

今日や明日に差し迫った支払い期限などにも間に合わせることができ、大きな利便性を獲得することができるでしょう。

カードローンは個人カードを発行して常に携帯しておくことで、お金の必要時にはさっとATMに駆けつけて融資金を引き出すことが可能です。

またキャッシングならば忙しくて出かけられないときでも銀行預金口座に希望額を一括振り込みしてもらうことができます。

ただしお金を借りる際には審査を受けなければなりません。まずはネットや電話、店舗窓口、自動契約機などの申し込みを行い、早速先方の審査がスタートするわけですが、その際に注目されるのが総量規制という規則の適用です。

すべての貸金業者は利用者の年収の3分の1を超える融資を行ってはいけない決まりとなっており、そのため審査では現在の他社からの借入が総量規制を上回っていないかどうかを入念に精査しています。

これらの借入額は信用情報機関への照会を通じてすぐに判明します。信用情報には過去の借入履歴や現在の借入総額、さらに短期間中に何度も借入申請を行った時にはその情報も記録されていますので注意が必要です。

もしもこれらのチェックで何も問題がなければ審査通過の可能性が高まります。また銀行のカードローンやキャッシングならば総量規制対象外なので、万が一にも年収の3分の1を超える融資を必要とする場合にはこちらを活用してみると良いでしょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top