2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

貯金がなければお金を借りることになる

お金の使い方はそれぞれです。あればあるだけ使う人もいれば、コツコツと貯金をしながら必要な分だけを使うという人もいます。

お金の使い方で危険なのは、あればあるだけ使っている人です。給料日になるまでに、お金を借りることなく自分の収入の中だけで生活をしている人は、お金を借りていないのだからいいだろうという風に考えているかもしれません。

自分の収入の中だけでうまくやりくりしているのだから問題ないと考えてしまいがちです。しかし収入の中でやりくりをしているとはいっても、実際のところはどうでしょうか。

急に冠婚葬祭などによって、臨時の出費があった場合には対応がしきれなくなってしまいます。

それが給料日直前ともなれば、ほとんど財布の中にお金は残っていないはずですので、そんな急な臨時出費があった時に、貯金がなければお金を借りることになってしまうのです。

そんなことになった時に、どんな考え方になるのかも大事です。数万円だけ借りる分には、給料が入ればすぐに返せると考えるのか、それとも二度とお金を借りなくてもいいようにするためにも、貯金をしておかなくてはならないと考えるかです。

一度お金を借りたときに、すぐに返せるから大丈夫と考えるか、それとも貯金をして同じことを繰り返さないようにするかという考え方によって、この先の人生が変わってくるともいえるでしょう。

この先お金を借りなくてもすむようにするためには、ある程度の貯金は必要になります。貯金があることによって、急な出費の時にも対応がしやすくなりますので、お金を借りずにすむようになるのです。

それではいくら貯金があればいいのかということにもなりますが、あればあっただけよいものですので、積極的に貯めていくようにしましょう。

いきなり貯めるのも大変ですので、まずは目標金額と目標達成までの期間を設定するようにして、貯金を始めてみると、貯めやすくなりますので、お金の使い方を考え直さなくてはなりません。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top