2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

給料で返済できる範囲でお金を借りる

お金がなくて本当に困ってしまったときには、お金を借りることを考えてもいいでしょう。

お金がないことによって、犯罪に走るようなことになってもいけませんので、そんなことになるくらいであれば、お金を借りるようにして一時的になんとかしのぐようにしなくてはなりません。

しかし借りるからには、自分の給料で返済をできる範囲で借りることが大前提です。いくら貸してもらえるからといっても、給料で返していけないほどの金額を借りてしまえば、さらに他のところから借りることになり、どうにもできないほどになってしまいます。

今でさえもほとんど余裕がない生活をしているのであれば、月々返済していける金額はかなり限られてくることになりますので、計画的に返済が出来るようにしなくてはなりません。

そこで気をつけておかなくてはならないのが、自分のボーナスを当てにしないことです。ボーナスというのは、景気が悪くなれば金額を大幅にカットされることがありますので、ボーナスを当てにして返済計画を立てていくのはとても危険です。

給料に関しても急にリストラに遭う可能性がないとも言えませんし、大幅カットをされることがないとも言えません。その辺りのことも考えながら、いくらであれば借りても返すことが出来るのかを考えておきましょう。

そのためには、自分が借りようと思っている金額が本当に必要な金額なのかもよく検討することです。10万円借りなければならないと思っていたとしても、何とか切り詰めれば7万円借りるだけで何とかなることもあるでしょう。

3万円しか差がないと思うのではなく、3万円でも何とかしようと思わなければ、後が苦しくなることになるのです。お金の問題は軽く考えるのではなく、かなりシビアに考えるようにしなければ、借金があるのが当たり前の生活になってしまいます。

後から苦しまないためには、どうしても必要な時にどうしても必要な金額だけを借りるようにしなくてはなりません。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top