2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りるときに口座開設は必要か

銀行のような金融機関でお金を借りるにあったて、その金融機関において、あらかじめ普通預金などの口座開設が必要であるかどうかですが、これはお金を借りる先の金融機関によって違いがあるといえます。

ただし、一般的なことをいえば、わざわざ同じ金融機関の口座開設まではしなくても、お金を借りることそのものはできるようになっていて、たとえば他の金融機関の口座に入金をしてもらうといったことも可能になっている場合が多いといえます。

こうした場合には、金融機関が発行しているパンフレットやチラシ、その他ホームページのローンのコーナーなどに、そのことが明記されているはずですので、いちおうは目を通しておいたほうがよいといえるでしょう。

もっとも、口座開設をしておいたほうがよい場合や、もともとその金融機関で開設していた口座に入金をしてもらったほうがよい場合が多いということも事実であるといえます。

それというのも、すでに口座開設が済んでいる人だけを対象として、カードローンなどの金利を通常よりも低くおさえてくれるようなキャンペーンを実施していることがあるためです。

カードローンなどの利用にあたっては、毎月の返済金額が少ないのはよいことですが、その返済金額のなかには、一定の金利の部分が上乗せされているということを忘れてはなりません。

特に、毎月の返済金額を少なくしようとするあまり、返済期間をかなり多くとってしまったという場合には、その分だけ金利の負担が大きくなり、トータルとしての返済金額でみると、まったく得にはなっていないこともあるのです。

こうした場合に、もしも金利が優遇されるようなキャンペーンの適用対象になっていれば、結果として優遇された金利の部分だけ、通常よりもトータルの返済金額は少ないことになりますので、メリットはかなり大きなものがあるといえます。

こうしたことから、実際の条件にはなっていないとしても、口座開設をしておく必然性は高いといえます。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top