2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

フリーランスでもお金を借りることができる?

もちろんできます。ただ会社勤めをしている人よりはハードルが幾分上がることが多いです。ある金融機関では収入証明書の提出が要らないのに、フリーランスになるとお金を借りるためには必須になる条件もあり、明らかに差別化されています。

ただ金融機関の選び方をきちんとすることによって、フリーランスでもお金を借りることができますので、それをおさえて申し込みをすることをおすすめします。

まず収入証明書が必須になるような金融機関を選ばないようにしましょう。そこがスタート地点です。

金融機関によってはきちんと明記していることもありますし、申し込みをした後にフリーランスであることがわかると求めることもあります。

どちらにしてもフリーランスには収入証明書を求めるという態度こそが厳しい審査になることを予測することができますので、そのような金融機関には申込みをしないようにしておくと良いでしょう。これだけでも結果はまったく変わってきます。

フリーランスでお金を借りる際に、最も困ることのひとつになるのが在籍確認になることが多いです。しかし自宅の電話番号、または事務所であったとしても通過するケースが圧倒的に多いですのでそれほど問題にはなりません。

ただ固定電話がないとそれだけで信用問題にかかわってくることから、フリーランスであればそれを明記できるようにしておくことをおすすめします。それは自宅でも構いませんのでしっかり申し込みをする際は記入しておきましょう。

あと希望する限度枠が少々下がる可能性については覚悟しておきましょう。銀行カードローンになると消費者金融よりも大きな金額を融資できるところも増えていますが、大体最初の融資となると50万円までになることが圧倒的に多いです。

このことから希望する金額を借りることができないことも。このような弊害もありますので、万が一のことも考えておいた方が良いです。

ただし収入証明書があることでクリアすることもありますので、念のために大きな金額が必要であれば用意しておいた方が良いでしょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top