2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

個人事業主が資金のためお金を借りる方法

個人事業主は特定の企業のように決まり事がないため自由に営業などをすることができますが、反面では様々な問題を抱えることになります。

特に小さな会社ほど資金に余裕がないため、設備投資や仕入といった運転資金で問題が起こりやすくなるのです。

こうしたお金の問題は金融機関から借り入れを行うことで解決することがほとんどですが、公的融資や銀行からの融資というのは手続きに時間がかかるのに加え、審査が厳しくなかなかお金を借りることができません。

近年では保証人や担保が必要なく、用途も自由に使うことができる個人向けカードローンがあり、個人事業主でも審査は緩く申込みも簡単です。

とはいえ、用途が自由になっているのはあくまで個人の範囲内であり、事業資金として使うことは禁止されています。

どうしても事業資金として扱いたい場合は、専用の金融商品を選択すると良いでしょう。実は事業資金用に用意されたカードローンのような金融商品があり、これを一般的にビジネスローンと呼びます。

中小企業や個人事業者向けのローン商品で、消費者金融やクレジットを発行する信販会社、さらに銀行が取り扱っています。

基本的に個人向けカードローンと同じようなもので、民間の企業では対応が早く、その日のうちに審査結果がわかるところも少なくありません。

振込融資によるサービスもあるので、審査結果の直後にお金を振り込んでもらうことで資金の確保がスムーズにいきます。

総量規制の対象外となっていることから、限度額も年収や企業の売り上げなどには左右されず、まとまったお金を作る事が可能です。

ただし、基本はカードローンからの派生になっているため、限度額は300~500万円ほどと少なく、金利は15~18%と非常に高いです。

銀行なら金利の低いところもありますが、公的融資ほど低金利となることはないので、利用には十分に注意が必要です。対応が素早いことから、短期間でお金が必要な時に借りるなど状況に合わせて検討してみると良いでしょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top