2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

ゆうちょ銀行ではお金を借りる方法がたくさん用意されています

身近な存在である郵便局にはゆうちょ銀行のサービスも入っていますので、昔から気軽にお金に関するサービスを利用してきた人も少なくない状態です。

自分自身の貯金口座にお金を預けたり、引き出すなどの利用が主になってきますが、ゆうちょ銀行ではお金を借りることも可能です。

お金を借りる方法にはいくつか存在します。

財形定額貯金や財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金を利用している人が、それら貯金を担保に借りることができます。定額貯金の預け入れ金額の90%まで借りられるもので、1つの契約について300万円が上限になります。貸付期間は2年です。但し、各定額貯金の満期が2年未満だと、満期が貸付期間になります。期間の更新は1回に限り可能です。

総合口座の定額貯金や定期貯金を担保に、通常貯金の残高を超える引き落としがあった場合に自動貸付するサービスがあります。預金金額の90%までの貸付で、総合口座の通帳1冊につき300万円が上限です。公共料金の引き落とし日にお金が足りない場合に重宝します。貸付期間は2年間です。通常貯金にお金を預ければ返済できます。

保有する国債を担保に、自動貸付する方法も用意されています。通常貯金の残高が足りない時に利用可能です。利付国債や個人向け国債の80%の範囲で、最大200万円まで借りられます。貸付期間は1年間です。

ゆうちょ銀行はスルガ銀行の代理業も行っており、関連する商品を用いてお金を借りることが可能です。お金自体を借りるのであれば、カードローンを利用します。したくという名称のカードローンで、初回は300万円まで、最高で500万円まで借りられるのが魅力です。口座からの引き落としで返済する方法ではなく、提携先のATMから返済する流れです。借り入れもATMで行います。返済期日は毎月1日、期間は毎月20日から翌月の期日までです。返済金額は借入残高に応じて定額が決まる仕組みです。契約期間は1年間で、自動更新されます。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top