2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

子育てのお金が足りないのでお金を借りる

子育ては新しい世代を作るのに欠かせませんが、衣食住を満たすだけでもたくさんのお金がかかります。

子供が成人するまでに3000万円もかかるとされ、塾や習い事、大学進学などでさらにお金が必要です。多くの親がお金がないことが原因で、子供に粗末な食事をさせたり勉強を諦めさせたりすることに抵抗があります。

そこで子育てのお金が足りない時は、様々な場所からお金を借りることを選んでいます。最も相談しやすいのが自分の両親です。親にとっては孫の人生がかかったお金なので、希望された金額と貯蓄のバランスがとれていれば断ることは少ないです。あまりにも高額で老後の生活に影響が出る場合は貸したくても貸せない状態になるため、親が自由に使えるお金を把握してからお金を借りると良いです。

親に借りる場合、利息を付けないのが一般的です。返済期限も緩いものが多いので、子育てが一段落着いてお金に余裕がある時に返済することができます。親によってはお金は返さなくて良いと言うこともありますが、血縁関係があってもお金の貸し借りはトラブルの原因です。兄弟姉妹がいれば相続トラブルになる可能性もあるため、借りたお金は返しておくのが無難です。親とのお金の貸し借りは口約束で行われることが多いですが、金額や日時などを書類に記入して保管します。

親にお金を借りることができなかった時は、カードローンを利用します。カードローンを利用するには審査がありますが、安定した収入がありブラックリストに入っていなければ合格します。専業主婦ならば夫の収入が審査対象で、片親しかいなくても親が仕事に就いていれば問題ありません。収入の程度に応じて借り入れ上限が決まるため、年収が高くなくても良いです。カードローンでは利息も返済しなければならないので、返済計画を立てて守れると判断した場合だけ契約します。数万円~数十万円の借り入れが一般的で、子供が病気になったなど突然の出費に対応します。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top