2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

親からお金を借りる際にやるべきこと

お金を借りる理由もその額も人それぞれですが、人生の中では大きな買い物をする際など誰しもが借金をしなければならない局面にあうことは少なくはありません。もちろんお金を借りる方法にはいろいろありますが、金融機関から融資を受けるというのは非常に手続きが面倒です。種類を書き、返済能力があるのかの審査を受け、通って初めてお金を借りることができるという手順がある上に、返済には利子が付きまといます。

一番手っ取り早いお金の借り方は自分の親から借りると言う方法です。

もちろん過去に何度も親に借金をしたことがあるという人の場合は貸してくれないと言うこともあり得ますが、やはり何歳になっても子どもは自分の子どもです。お金を借りなければならないほどの生活状況なのかと考えると心配にはなりますが、最終的に頼れる相手を自分たち親にしてくれるという点で多少なりとも喜びを感じている人もいるのです。そのため利子などなしにお金を貸してくれる場合があります。借りる側としては情けないという気持ちもありますが、金融機関から借りるよりは融通が利き、また利子がないというのはとてもありがたいことです。

しかしいくら親だからと言っても大人である以上はきちんと対応を行う必要があります。ただ「お金を貸してください」とお願いするだけではなく、何にいくら必要で、自分にはどれだけ足りていないから貸してほしいのかという詳細を伝える必要があります。例えば「車が必要だが、ローンを組むと利子が高いので一括で買いたいがあと数万円足りないから貸してほしい」など細かい詳細を話すことで親も安心します。また自分の給与明細などを見せてどれだけの返済能力があるかを示し、月々いくら返済するのかも決めましょう。

いくら親子でも大人同士のお金の話はきちんと行う必要があります。「親しき仲にも礼儀あり」と言われるように、きちんと丁寧な対応と交渉を行うよう心がける必要があります。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top