2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

学校に通っていてお金を借りる

学校に通っていてお金を借りることができるでしょうか。

基本的に、クレジットカードでのキャッシングなどは 20歳未満は借り入れをすることができないです。これら未成年ということで仕方がないでしょう。やはり、返済ができなくなった場合に20歳未満の者に責任を取れと言っても難しいのかもしれません。

ですが、学生の場合は少し状況が異なります。学生といっても様々ですが、まず高校生に関しては何歳であっても作ることはできません。たとえ高校を2回留年して20歳になっていたとしても、高校生という身分がある以上は借り入れすることができないのです。また、30歳になって高校に行き始めたとしても、やはりキャッシング機能付きのカードをつくることはできません。

このように高校生ではカードを作ることができませんが、大学生の場合は作ることができる会社もあります。大学生で作ることができる理由は、たとえ20歳未満であってももうすぐ20歳になるからという理由が一つあります。また、大学生の場合は万が一返済ができなくなったとしても、保護者がいるからです。18歳で働いていてカードを借りる事ができない人がいる一方で、18歳の大学生でカードをつくって借りることができるのは、保護者という保証人がいるからなのです。

では、お金を借りる場合の限度額はどれくらいでしょうか。一般的に、お金を借りるときの限度額はその人の収入によって変わってくることが多いです。およそ20万円から50万円ぐらいが上限額になっていることがほとんどです。ですが学生の場合は、そこまで返済能力がないだけでなく、学生の間それほど多くのお金を使うことはないと考えていますので、限度額は5万円から20万円ぐらいになるのが一般的です。

もし学生を卒業した場合、そのカードはどうなるのでしょうか。カード会社としてもできるだけ社会人になっても使ってもらいたいことから、カードを継続して使ってもらうようにしています。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top