2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

ため方がわかればお金を借りることはない

収入が多くお金がある人と、収入が少なくてお金がない人を比べてみると、どのくらいお金を貯めるのに差が出てくるでしょうか。

収入が多ければその分、貯金もしやすくなるはずですが、実際にはどちらの方がたくさん貯められるかは、その人のお金の使い方次第になってきます。収入が多くても、好きなだけお金を使っていれば貯金をすることはできませんし、収入が少なくてもやりくり上手な人は貯金をしやすくなっています。お金のため方は使い方次第になってきますので、自分できちんと管理をしていくようにしなくてはなりません。

まずは一か月に自分が生活をしていくために最低限どのくらいのお金が必要なのかを把握しておく必要があります。給料をもらえばすぐに全額を下ろしているようでは、お金に余裕があると感じてしまうことになり、たくさんお金を使ってしまうことになるでしょう。給料をもらったら最初にするべきことは、先取り貯金をしていく事です。給料前にお金が余れば貯金しようという考えでは、余らなければ貯金に回すことが出来ませんので、貯金が出来なくなるでしょう。正しいお金のため方は、先に貯めることなのです。

しかし先に貯金をすればいいとはいっても、貯金をし過ぎてしまいお金が足りなくなり、どこかにお金を借りるようなことになっては意味がありません。貯金を下ろすのが嫌だからと、友人に借りるようなことをしていれば、信用も失ってしまうことになりかねません。お金を借りるのが当たり前になってしまえば、元も子もありませんので、お金を借りなくてもすむような金額で生活をしていくようにしましょう。

少ない生活費の中でいろいろなことに気づいたり学んでいくことが出来ますので、工夫をしながら生活をしていく事です。少ない生活費での生活が慣れてくれば、だんだんとつらいと思わずに節約をしていく事もできますので、慣れるまでは少し余裕がある生活をしていくようにし、慣れたら少しずつ生活費を減らしていきましょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top