2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

国からお金を借りることが出来る制度

国からお金を借りるということは出来ます。これは総合支援支援資金貸付制度といわれるものです。

この制度では生活に困っている人に対して、ある条件を満たせば国がお金を貸してくれます。国が貸してくれるので、金利がとても安いというのが特徴です。ただ、生活に困る要因なども聞かれることになりますし、条件が厳しいということはいえます。お金を借りる理由は生活費というのが基本になっていますから、ゆとりがないというような理由では借りることは出来ません。

また、地方の市役所では、生活福祉資金制度というものがあり、これも生活が困窮している人に対してお金を貸してくれます。もちろん、審査があり、かなり厳しい条件とはなっていますが、これも金利が安く借りることが出来るのが魅力です。何しろ条件によっては無利息という条件で借りることが出来たりします。無利息ですから、完全に支援を目的とした貸付であることがわかります。

また、これらの貸付ではかなり厳しい条件となるので、必要書類などの提出や審査にかなり時間がかかるのですが、緊急を要する場合には、緊急小口資金貸付制度というのもあります。これは名前の通りに緊急時に小口ではありますが、お金を貸してくれるものです。例えば、急な事故や病気で入院するなどのことがあった場合です。

また、教育などで国からお金を借りることもできます。これが教育支援資金制度です。子供を大学に行かせたい、そんなときにはこの制度が使えます。ただ、この制度では、大学の卒業時にかなりの額の借金が残ることになるので、これを問題視する声もあり、最近ついに政府が返済の不要な支援制度を導入することを決めました。名前もまだ確定はしていませんが、お金を返済する必要がありませんから、子供を大学に行かせたいと考えている人には大きな力となるでしょう。もちろん条件は厳しくて成績が優秀であることなどの厳しい条件がありますが、これをクリアできるなら大きな支援といえるでしょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top