2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りる時の担保の意味とは?

住宅ローンなどの融資を受ける場合、連帯保証人を立てなければなりません。

お金を借りた人が支払い不能になった際に、お金を借りた人に代わり、弁済を行うのが連帯保証人です。住宅ローンは高額な融資になるケースが多いので、融資条件の一つとして連帯保証人を立てる必要があるのです。

お金を借りる時には担保が必要になるケースと不要のケースがあります。

住宅ローンの場合は、担保が必要なケースの代表例と言えましょう。弁済を行うのは連帯保証人になるのですが、住宅ローンの場合はローン契約を交わす際に、ローンを利用して購入を行う土地および建物に対して抵当権を設定します。抵当権は所有権の一つでもあり、ローン利用者が返済不能になった時に、抵当権を行使して土地および建物を差し押さえる権利を持つものです。これは競売と言われている方法で裁判所を通じて不動産を処分する形になるのが特徴で、抵当権を行使して競売をかけるための準備を行えるようになっているのです。

一方、お金を借りる時に担保が不要になるケースもあります。

例えば、銀行や消費者金融の個人向けローンの一つでもあるカードローンは担保が要りません。更にカードローンは保証人が原則不要になっているため、お金を借りる時には短時間で融資を受ける事が出来るチャンスもあるのが特徴です。カードローンの場合は、保証人が不要になる代わりに、保証会社の保証を受ける事が融資条件になっているのが特徴で、お金を借りる人は保証会社による審査と銀行のカードローン審査の2つを受ける必要があります。担保が不要になっている代わりに、保証会社の保証を受けると言う条件があるのはカードローンの特徴の一つと言えましょう。

担保はお金を借りる時の身代わりとなるもの、返済不能になった時には担保を処分して債務の回収を行うと言う目的があり、担保になるものはお金を借りる額と同等の価値が必要になるのが特徴です。しかし、カードローンなどの場合は保証会社の保証を受ける事でお金を借りる事が出来るようになっているのです。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top