2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

友人からお金を借りる口実には何があるか

友人にお金を借りる時の口実として便利なのが、「冠婚葬祭が重なってお金が足りない」です。

結婚式でも葬式でもお金を包む必要があるため、1ヶ月に何回も行われれば生活費を圧迫します。親しい友人であっても親族全員を把握することは難しいので、架空の人物の葬式があると言っても嘘はバレません。結婚式ならば少し仲の良い人の結婚でも参加することはあるので、わざわざ名前を聞かれることもあります。毎月のように冠婚葬祭が行われることはないと考えるので、お金がないのは今月だけで来月になったらまとめて返してもらえると相手は安心してお金を貸すことができます。

また同情を買ってもらうことでお金を借りる方法もあります。

例えば「財布を落としてしまった」です。財布の中にはいくらかのお金やクレジットカードなどが入っていると予想できるので、それを落としてしまうと生活に支障が出ることが分かります。落としてしまったのは本人のミスですが、お金がなくて困っているという可哀想な状態をアピールできます。心優しい人であればお金の返済期限を長めに設定することもあります。家族がいる人は、「子供の修学旅行のお金が足りなくなった」などと子供の話を出すこともできます。お金を貸さなかったら子供が恥ずかしかったり辛い気分になると遠回しに伝えます。修学旅行も毎年あるわけではないので、一時的にお金が足りないだけと暗に示しています。親としては不甲斐ない一面を見せることにはなりますが、友人が子供をよく知っている人間ならば情が湧いてお金を出してくれる可能性があります。

嘘を付いてお金を借りることは決して推奨されることではありません。嘘だとバレると人間関係に影響が出るためです。しかしギャンブルの大勝負があるなど、本当の理由を伝えるとお金を借りられない場合があります。きちんと返済する意思がある場合は、お金を借りる口実を作っていたとしても詐欺ではないので誤解が生じないように注意します。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top