2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

カードを使ってお金を借りることができる

銀行や消費者金融のカードローンはカードを使ってATMからお金を引き出すことができるローンです。借りたお金の用途が自由なので利便性が高く、契約していれば限度額の範囲でいつでも追加の借り入れを行えます。

契約するには審査に通らなければならず、利用条件は一般的に20歳以上で安定した収入があることになります。収入は限度額に影響しますが、契約できるかについては安定性の方が重視されるので、勤続期間が短いと審査に通らなくなります。アルバイトやパートなどの低収入の就業形態でも利用できますが、厳しいところでは職業や年収に制限がかけられているものもあります。

銀行のカードローンの場合、総量規制が適用されないので本人に収入がなくてもお金を借りることができます。ただし、本当に収入不問で融資してくれる銀行は一部であり、基本的には本人か配偶者の収入が求められます。年収の3分の1を超える借り入れもできますが、返済能力を見て限度額を決めるため、収入が低ければ限度額も抑えられます。

消費者金融の場合は総量規制の対象になるので本人の収入が必要になります。配偶者の収入でお金を借りる配偶者貸付は大手の消費者金融では認めていないので、この制度を利用するときは対応している中小の消費者金融を探すことになります。

カードローンはATMからすぐにお金を引き出せるので便利ですが、用途が自由なので金利は高くなっており、無計画に利用すると返済できなくなってしまう危険性があります。短期間の遅延であれば信用情報への影響はありませんが、続けて2、3か月以上も返済できずにいると個人信用情報機関に記録が残ります。

また、短期間で解消できた場合でも遅延損害金が発生して余計な出費が増えてしまい、繰り返せば金融機関の印象が悪くなって強制解約となり、残債の一括返済を求められることもあるので、返済能力を超えた利用をしないように注意しましょう。

カードローンは銀行の方が審査が厳しいですが、金利は低くなります。急ぎでないときは銀行に申し込んだ方が良いですが、緊急時は審査に通らないとお金を借りることができないので、消費者金融を優先しても良いでしょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top