2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

勉強をするためにお金を借りる

専門的な勉強をする時は教科書などの道具が必要になります。さらに大学などの教育機関に通って指導を受けることもあるので、入学費や授業料もかかります。

お金がないという理由で勉強を諦めたくない人は、お金を借りるしかありません。お金を借りる方法はたくさんありますが、勉強が目的であれば奨学金を申請できます。

日本のほとんど全ての大学や専門学校で申し込めるのが、日本学生支援機構が運営している奨学金です。全て貸与制なので将来的には返済しなければなりませんが、第一種と第二種では利息が違います。第一種は無利息で第二種は上限が3%です。利息が付いていても他のローンやキャッシングと比べると低めに設定しています。

第一種の奨学金をもらえる条件には、成績が良いことだけでなく家庭環境も影響しています。親に収入が少なかったりひとり暮らしで生活が苦しかったりする生徒が優先的に選ばれますが、条件を満たしていても全員が採用されるわけではないので、ほとんどの生徒が第二種奨学金をもらっています。

大学や専門学校に入学してから申し込むこともできますが、事前にお金を借りることを希望しているならば、予約採用を目指します。高校3年生の時に在籍している学校から奨学金を予約します。志望校や進学する学校が決まっていなくても進学する意思があれば申し込めます。進学に力を入れている学校では高校3年生になったらすぐに案内を行うこともあるので、忘れないように申込みます。

奨学金を借りるのは生徒ですが、返済できない時に備えて保証人を用意しなければなりません。機関保証と人的保証があり、人的保証ならば親などの保護者が選ばれます。奨学金を借りた生徒が将来自己破産すれば、その保護者が返済を続けます。機関保証は保護者は奨学金とは関係ありません。保証料を払う必要がありますが、毎月貸与される奨学金から天引きされるので、生徒は少し減った状態で借りることになります。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top