2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

区役所でもお金を借りることはできるのか

お金を借りるといえば親や友人知人などに依頼したり、消費者金融や銀行のカードローンなどの業者を利用するというのが一般的です。しかし、親や友人知人など個人的にお金を借りた場合には、返済が出来なかった場合には人間関係が壊れてしまうといったリスクがありますし、消費者金融や銀行などの業者を利用するにしても、厳しい審査をクリアする必要があり、さらに高い金利を支払わなければなりません。このため切実にお金が必要といった時点では行政に頼るというのも手段です。

区役所などの行政では福祉も行っており、その中に生活福祉資金貸付制度というものが存在しています。これは一般的に業者などからお金を借りることができないような人を対象にした福祉サービスの一種です。利用できる条件としては低所得世帯、高齢者世帯、障害者世帯の3つがあります。もし低所得や高齢者でお金がない場合には、まずは行政が運営している社会福祉協議会に相談してみるのが手段です。

もちろん、審査もありますし、実際にはすぐにお金を借りることができないケースも多くありますが、生活福祉資金貸付制度以外の選択肢を提示してくれます。

収入がない場合にはハローワークを紹介してくれますし、金融業者から多額の借金がある場合には、債務整理をするなどのアドバイスをしてくれます。これら最善の努力をしても、なおかつお金を借りなければならない場合に利用することができます。なお、金利は連帯保証人がない場合には年1.5%で連帯保証人がいる場合には無利子で借りることができます。

年1.5%というのは業者から借りることを思えば圧倒的に低いものです。一方で借りられる金額は目的が求められ生活支援日では15万円から20万円以内、住居入居費が40万円以内、一時生活再建費で60万円以内などとなっており、このほか福祉資金では福祉費で580万円以内、緊急小口資金で10万円以内、教育支援金では、それぞれ月々3万5千円から6万5千円以内の借入と就学支援費用として50万円以内の借入が可能です。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top