2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

市役所でお金を借りる方法とは

急なケガや病気、住宅の修繕、冠婚葬祭など、お金が必要になってくるシーンはいくつもありますが、もしも十分な貯蓄がないのであれば、どこかからお金を借りることによって、必要な金額を調達しておかなければなりません。

この場合、一般的には銀行などの金融機関か、あるいは消費者金融や信販会社のように、カードローンやキャッシングを請け負っている業者に駆け込むことになりますが、条件を満たしているのであれば、市役所を経由してお金を借りるという方法もあるのです。

全国にあるそれぞれの市役所、一部の町村には、福祉事務所とよばれる組織が置かれています。この福祉事務所の担当窓口、通常は社会福祉課、生活福祉課などとよばれているところですが、ここでは生活福祉資金の貸し付けに関しての相談を受け付けています。

生活福祉資金というのは、収入が少なくて生活に困窮している世帯などに対して、一般的な金融機関などよりも低利での貸し付けを行うしくみであって、貸し付けの業務そのものは、やはり都道府県ごとに置かれている社会福祉協議会とよばれる組織が行っています。市役所の窓口では、この制度が利用できるかどうかを確認するとともに、利用できる場合には、該当の社会福祉協議会を案内してもらうことができますので、いったん相談をしておけば、実際にお金を借りる手続きがスムーズにすみます。

ただし、生活福祉資金というものは、一定の条件を満たすということがかならず求められるため、この条件に合わなければ、やはり民間の金融機関などを探さなければなりません。その条件ですが、基本的には基準未満の世帯収入しかない低所得世帯、障害者手帳をもっている人が含まれている障害者世帯、65歳以上で介護や療養を必要としている高齢者世帯などとなっています。

また、この生活福祉資金には、連帯保証人についての規定もあります。生活福祉資金の利用にあたって、他に十分な資力をもつ連帯保証人がいる場合には、お金を無利子で借りられる可能性があるものの、連帯保証人が立てられない場合には、低利ではありますが、若干の利子の支払いが必要となってきます。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top