2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

車を担保にお金を借りることができる仕組み

お金を借りるさいに利用されるのが、消費者金融や銀行のカードローンです。

しかし、これらは個人向けの小口融資で、無担保無保証人のサービスであり、そのため本人の返済能力などが厳しく審査されます。消費者金融の場合には安定した収入があれば利用することが可能ですが、借りられる金額は限られます。また銀行のカードローンも同様の商品がありますが、銀行の場合には審査が厳しいので、それなりの職業に付いていないと利用することができません。このため信用力の低い人からしてみれば、消費者金融や銀行を利用するのはハードルが高いものです。

その一方で、担保を差し出してお金を借りるものは、本人に対する信用力の比重が軽いため、借りることが可能です。特に担保で有名なところとしては土地があり、住宅ローンなどでは抵当権を設定することではじめてお金を借りることができます。これら目的ローン以外として、自由に使えるお金を借りる方法が車金融と呼ばれるものです。

車金融の仕組みは、通常の融資と一緒ですが担保に差し出すことで低い信用力でも借りることが可能です。限度額は担保の価値によって設定されます。このため価値の高いものであればあり、返済が可能な金額であれば多くのお金を借りることが可能です。また返済が滞った場合などは車を没収して代位弁済に充てられる仕組みとなっています。

いずれにしても担保の価値と本人の収入などを総合して限度額が設定されるので、審査が厳しくないメリットがあります。また車を担保に差し出すといっても所有者が乗り続けることが可能なのも大きなメリットです。デメリットとしては滞納した場合などは没収されることがあります。

一方で金利に関しては、実質的には年6%から20%が設定されますが、注意点としてはリース料の存在です。担保に差し出している状態なので、あくまでも車は借りている状態となり、リース料の名目で金利以外の費用を請求されます。このリース料が法外なケースもあり、返済が困難になるリスクもあり、車金融を利用するさいには、実際にお金を借りるのにどれだけの費用を支払わなければならないか理解しておく必要があります。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top