2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

主婦がお金を借りる時に気をつけたいこと

日常生活を送る上では、何かとお金が必要になるものです。普段からの貯金では間に合わなかったり、給料日までまで日数がある場合に、今すぐお金を用意するためにもキャッシングを利用したいところです。

キャッシングでお金を借りることは、主婦でも問題なく可能です。しかし、立場によって扱いが異なってきますので、気をつけるようにしてください。

申し込みの際に、仕事をして収入を得ている主婦であれば、ほぼ問題なく受け付けてくれます。キャッシングは本人に収入があることが条件ですので、仕事をしていれば条件をきちんと満たしています。正社員や団体職員、公務員といった立場でなくても構いません。パートでも個人事業主でも、収入さえあれば申し込めます。

収入の多さは、今のキャッシングにおいてはあまり重要視されていません。利用限度額が低めに設定される場合があるものの、審査に落とされる理由としてはさほど影響がないため、短い勤務時間で収入が少ないパート勤めの人も恐れずに申し込んでみましょう。

問題となってくるのが、専業主婦です。仕事をしていない立場の人ですので、当然ながら収入がありません。キャッシングを提供する業者は収入の有無を厳しくチェックしますから、審査に落とされたり、そもそも申し込みの受付さえも行ってくれない心配があります。

原則として、消費者金融では借りられない覚悟をしておきましょう。消費者金融には総量規制の法律があり、年収の3分の1を超える貸付ができないようになっています。一応、特例として配偶者貸付という制度があるものの、これを利用している消費者金融はごく限られています。

銀行のカードローンであれば総量規制の法律がありませんので、配偶者に収入があれば、問題なく専業主婦でもお金を借りることができます。但し、すべてのカードローンが対応しているわけではないため、条件をきちんと確認しておきましょう。年金収入の専業主婦の場合だと、年齢の上限を超えていなければ利用できることが多くなっています。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top