2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

個人事業主がお金を借りる方法

カードローンは無担保でお金を借りることが可能で、20歳以上の人で安定した収入があると認められれば、誰でも簡単に利用できるのがメリットです。

しかし、この安定した収入という部分に問題があり、アルバイトやパートなど仕事に就いているのが認められる分には良いのですが、個人事業主やフリーランスでは安定した収入と言い切れる部分が少なく審査に通りにくいと言われています。

しかし、実際のカードローンでは職業による審査が厳しくなるということはなく、銀行や信用金庫のカードローンを利用している個人事業主も少なくありません。お金を借りる方法には日本政策金融公庫、中小企業制度融資、銀行や信用金庫からの融資、カードローンと4つの種類があり、それぞれにメリットやデメリットが存在します。

公的融資や銀行からの融資は低金利で利用できるのが魅力ですが、手続きが複雑で審査が厳しいのが問題です。せっかく複雑な手続きをして申し込んでも、厳しい審査によって落とされてしまえばお金を借りることもできずに無駄になってしまいます。どのくらい審査に時間がかかるのかは、借り入れを利用するタイプによって異なりますが、長ければ2ヶ月先まで審査結果を待ち続ける必要があるものも少なくありません。これでは個人事業によって必要となる運転資金の目処がたたず、仕入や支払いのお金が不足してしまうことになります。

しかし、カードローンだけは審査の時間も早く、高金利でもすぐに借り入れすることが可能となっています。基本的に消費者金融のカードローンで自営業の申し込みを断っているところはなく、必要な書類さえ提出できれば審査を受けることができます。必要なのは安定した収入という点で、月々の支払いを照明する給与明細はないため、確定申告書などの収入証明書が必要となります。結果的に仕事を始めてから数ヶ月では信用を得ることができないので、最低でも1年以上は自営業をしていることが重要となります。

ただし、職業による差別はないので、どうしても早くお金が必要だという人はカードローンの利用を検討してみると良いでしょう。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top