2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りるときに借りやすい業者と利用した後の危険性

お金を借りるときは、銀行や消費者金融を利用しなければいけません。しかし、銀行や消費者金融でお金を借りるためには、審査を受ける必要があります。

公務員や一流企業の正社員なら、銀行や消費者金融の審査で不安になることはないでしょう。収入が多く安定した勤務先なので、よほどのことがない限り審査は通過することができます。

しかし、派遣社員やアルバイト、パート、フリーランスで働いていると、収入は少なく不安定な職業です。そのため、審査を通過できない可能性も高く、お金を借りることができないこともあります。

審査に対して不安があるなら、借りやすい銀行や消費者金融に申し込みましょう。比較的借りやすいとされている銀行や消費者金融なら、収入が少なく不安定な職業でも、お金を借りることは可能です。

一般的に借りやすいとされているのは、銀行ならネットバンク系です。ネットバンクは店舗を構える銀行より、比較的借りやすいとされています。金利も低く即日融資が可能な場合も多いので、借りやすさを優先的に考えるなら最有力の場所と言えます。

また、消費者金融系は銀行より借りやすいとされ、派遣社員やアルバイト、パートでも問題ありません。借りやすいことだけ考えれば、大手より中小の消費者金融の方が確実とされています。

しかし、お金を借りやすい消費者金融というのは、基本的に金利が高いです。なかには、法律で決められた以上の金利を、設定する消費者金融もあるほどです。こうした消費者金融でお金を借りてしまうと、返済することが難しくなります。

収入や職業に不安がある方がお金を借りるときは、借りやすさを重視して申し込みがちです。しかし、借りやすい消費者金融は基本的に利用者にとって不利なことが多いので、お金を借りるときにはできるだけ避けましょう。どうしてもお金を借りる必要があるなら、比較的安全性が高い大手の消費者金融を選ぶと、返済で困る可能性は低くなります。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top