2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

起業のためにお金を借りることは必要か

中小企業庁の統計データによれば、中小企業・小規模事業者の数は、2012年から2014年までの2年間で約4万社が減少しました。2009年から2012年までの間に35万社が減少したことに比べれば、減少の割合は緩やかになったと言えます。

それでも、国内の4万社が減ったということは、驚くべき数字と考えられます。

それほど、企業を経営していくことは難しく、いつも経営破綻と言う「危険」と隣り合わせの状態にあることを覚悟しておく必要があります。

一般論ですが、日本経済が活性化するためには、廃業する企業よりも新たに起業する会社の割合が多くなる必要があります。

しかし、現実的に見れば、起業のためには資金が必要です。しかも、その資金が100万円程度なら多くの人が起業を志すかもしれませんが、実際はそれほど甘くありません。

したがって、起業に際しては、どうしても金融機関等からお金を借りることが必要不可欠となってくるのです。その目的は事業遂行のために必要な資金を確保するためです。

お金を借りるためには、金融機関への申し込み・手続き・返済といった一連の手続きが必要とされますが、これは避けて通ることのできないものと考えた方が賢明です。

お金が湯水のごとく湧いてくるような人ならともかく、起業を志す人のほとんどが、お金を借りることで企業を立ち上げているのです。

まれに、すべての資金を自己資金で賄う人がいたりしますが、それは宝くじに当たるような確率に過ぎません。

お金を借りることを悪と見るのではなく、そのお金をいかに計画的に返済していくかが大切なのです。

換言すれば、計画的に遅延することなく返済を続けている企業は、金融機関からの信用力が増します。信用力が増せば、また次なる時に、比較的容易に融資を受けやすくなるというメリットがあるのです。

とりわけ、設備投資などの際は、企業内で資金繰りがなんとかなるものではありません。しっかりとした計画を立て、地道にコツコツと返済し信頼を得る。起業した方々はこの点に注意してお金を借りることが重要です。

信用は最大の財産とも言われます。この最大の財産を築くためにも努力を継続したいものです。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top