2017年最新情報
今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

無職の人がお金を借りるには

無職の人がお金を借りるというのは、一般的にいえばなかなか難しいことといえます。銀行などの金融機関の場合には、定職に就いていて、返済をするだけの十分な資力があるものの、たまたま冠婚葬祭や住宅の新築などといった、いつもの収入を超えるような特別な需要が発生したということをもって、貸し付けの根拠としているからです。

しかし、無職の人はまったくお金を借りることができないのかといえば、かならずしもそうとは限りません。銀行では難しいとしても、消費者金融のなかには、年金だけで生活している人のなかで、たとえば70歳未満などといった、一定の年齢などの条件を満たしている場合には、カードローンやキャッシングの利用を認めているケースがあります。これも消費者金融各社によって対応がまったく異なりますので、パンフレットやチラシなどの説明をよく読んで、該当するかどうかを確認してから店舗に向かうのがよいといえます。

また、無職とはいっても、いわゆる年金暮らしの人ではなく、一般の会社では定年前の年齢の人が、突然のリストラ、倒産などによって無職の状態になってしまったという場合ですが、この場合は消費者金融、銀行とも、やはりお金を借りることは困難といわざるをえません。

その場合ですが、市町村役場、社会福祉協議会などの窓口で相談をした上で、生活福祉資金とよばれる、半公的な資金の貸し付けを受けるという方法がありますので、あきらめずにチャレンジしてみるのがよいといえます。

生活福祉資金の利用ができるのは、低所得者世帯、高齢者世帯、障害者世帯といった類型である場合に限られますが、無職の人が次の仕事を探すための期間のつなぎの生活資金を求めているといった場合にも、十分に該当する可能性があります。

ただし、連帯保証人がいる場合とそうでない場合とでは、貸し付けを受けるにあたっての利子の取り扱いが異なりますので、できれば連帯保証人がいたほうが有利となります。

↓↓↓

お金を借りる方法

Top