2017年最新情報

今日中になんとかしたい!1時間でお金を借りる方法

お金を借りるなら最短1時間で完結するプロミスがオススメな理由

  • 個人向け小口融資サービスがおすすめ!

    お金を借りる方法としては、親や友人などから借りるというものがありますが、実際のところお金の 貸し借りはトラブルも多く、人間関係を壊してしまうリスクがあります。このため個人向け小口融資が充実している現代において、お金を借りる方法としてスタンダードなのが、消費者金融や銀行のカードローンなどの個人向け小口融資サービスです。

  • バイトでも、安定した収入があればOK!

    特に消費者金融の場合には、安定した収入があれば利用できるので、もっとも便利な存在といえます。安定した収入というのはアルバイトやパートでも良く、月に一定金額の収入がある人を指します。この条件を満たせば消費者金融を利用することは可能です。

  • 審査に通る必要あり。

    ただし、実際に利用するためには消費者金融にしても銀行のカードローンにしても審査を受けて、それに通る必要があります。審査では本人確認のほか個人情報や収入情報を総合的に判断して、お金を貸しても返済してくれる人物であるかどうかを確認します。この際に審査に落ちる理由としては利用条件に合致していないことですが、特に大きく判断されるのが信用情報です。

  • 自分に適した消費者金融を選ぶことが重要!

    信用情報は過去のお金を借りた実績などで延滞などの事故を起こしている場合には、審査に通るのが 難しくなります。また申込みをした記録も一定の期間は残るので、多くの消費者金融に申込みを行って審査に落ちた場合などは審査に不利に働きます。このため初めて申し込む際には自分に適した消費者金融であるかどうかを理解した上で申し込むことが重要です。

カードローンを実際に利用した人達の口コミ

どうしても欲しいコートがあったので

如何しても欲しいコートがあったので

基本的に私は贅沢をするタイプでは無いですし、今まではなるべく倹約して生きてはいたんですが、実家への仕送りなどもありましたので、自分の手元に残るお金というものは全然無かったんですよね。ですが、この間どうしても欲しいと思えるコートを見つけてしまい、家に帰ってからもどうしても気になってしまったのですが、なにせ値段が値段でしたし、仕送りも考えるとコートを買うとどうしても余裕がなくなりますので、前から存在を知っていたカードローンでお金を借りてみたんです。

大きく借りるというわけではなく、10万円以下という事で審査もそこまで難しいものではありませんでしたし、何よりあっさりと借りられたので、なんだか不思議な感じでした。積極的に利用するのは流石にまずいと思いますが、これからもカードローンを上手く使っていければなと思います。

旅行のためにカードローンで借りました

旅行のためにカードローンで借りました

私は社会人一年目の新入社員なのですが、まだボーナスも入った事も無いという事で、どうしてもお金のほうが無かったんですよね。

そんな時、友人と休みを合わせて旅行しようという話になったんですよね。 幸いにもうちの会社は比較的休みは取りやすいですのでそれは可能だったのですが、問題はやはり金銭的なもので、行きたいけどお金がと思っていて、諦めようかなと思っていました。

カードローンでしたら社会人一年目の私でも借りる事が可能みたいでしたので、思い切って10万円ほど借りてみたんですよね。

結果的には無事に審査も通りましたし、保証人もいらなかったので誰にもバレる事も無く、その後の友人たちとの旅行も楽しむ事が出来、本当に嬉しかったです。

持っていると便利なカード

持っていると便利なカード

先日、いろいろなグループから飲み会に誘われて「もちろん全部行くよ」と返事をしました。しかしよく考えるとすべて給料前で、現金の手持ちがなくなりそうで困っていました。そんな時、店頭で張ってあった即日融資OKのカードローンのチラシを見て、インターネットからカードローンを申し込みました。

思っていたよりも早く、あっという間に審査が終了し口座に振り込まれ、飲み会に参加することができました。給料が入った日にすぐ返済しました。ATMで返済ができ、またローンの金利も考えたよりも低かったので、とても助かりました。作ったカードは、また急にお金が必要となった時のために持っておこうと思っています。


お金を借りる理由

お金を借りる場合には人によって色々な理由がありますが、実際にどのような理由で借りるというケースが多いのでしょうか。

例えば身近なものとして挙げられている理由としては「今月生活が苦しくて」というもので、人からお金を借りる場合の言い訳として最もよく使われている理由とされています。というのも生活というのは非常に曖昧である事から何に使うのかという詳細を確認しにくくなっていますし、実際に生活がかかっているというのであれば貸さないという選択をすることが難しいため、相手も断りにくくなっているというような経緯がよく使われている理由だとされています。

また「飲み会のお金」や「ご祝儀」などもよく使われている理由のひとつとして身近なものとなっており、飲み会の場合はともかく、ご祝儀というものは相手も断りにくいということから貸してしまう事が多いとされています。

ただしこれらの日常的なものは比較的返済してくれる事が多くなっていますし、お金を借りる金額としてもそこまで高くはないので、一般的にはトラブルになりにくい傾向にあります。

では金融機関などでお金を借りる場合に多い理由としてはどのようなものがあるのかというと、やはり生活費関連のものが多くなっているとされています。それ以外にも「入院費用>」や「ご祝儀」などの急にまとまったお金が必要になって借りるという人も多いですし、借金を返済するための借金としてお金を借りるという場合もあるようです。

お金掲示板には注意!

お金が必要な人にとって掲示板で見かける、「お金を貸します」という宣伝は魅力的に見えてしまうものです。しかしながらこうした掲示板を利用するのは後々のトラブルに発展する可能性が高いため利用しない方が良いと言えるでしょう。

こういった掲示板を利用するのは他ではお金を借りることができない多重債務者をはじめ、主婦や学生などの場合が多いのですが、お金を用立てることが難しい相手にもお金を貸してくれるということは裏があると考えるのが自然です。

慈善で貸付をしてくれるといった甘い話はなく、迂闊に利用すると詐欺被害にあったり、時には怪しい金融会社との繋がりを持ってしまうことにもなりかねません。お金を借りるつもりが逆に生活を脅かされる可能性もありますので、甘い誘いには乗らないように注意することが大切です。

万一、お金に困ってしまった時には正規の方法を第一に考えた方が良いと言えるでしょう。例えば主婦や学生の場合でも金融機関からお金を借りる方法はあります。いたって健全な貸付を受けることができますので、掲示板のような怪しいことは一切ありません。そのためまずは金融機関に相談をしてみるのが 安全のための選択肢です。

多重債務者の場合ですと貸付が難しくなってしまうことがありますが、しかしながら怪しい金融会社ではなくとも貸してくれるところも中にはあります。もしどこでも断られてしまう状況なら今後の展望は明るくないとも言えますので、将来のことを考えて債務整理についても検討した方が良いでしょう。

学生がお金を借りるには

社会人となって仕事に就いていなければお金を借りることはできないのではと考える人がいますが、実は学生でもお金を借りることは可能なのです。

学生時代というのは何かとお金がかかります。大人と違い若い頃は車やマイホームなどを理由にするのではなく遊ぶためのお金としてお金を借りる人が多いのです。そんな学生にはローンを組むなんて無理なのではと思ってしまうのですが 、アルバイトをしているなどで返済能力が認められれば学生でも審査に通ることが十分可能です。

銀行などで借りるのは勇気がいるという人も多いため、様々なカードローン会社が学生を対象にしたプランなども用意しています。特に大手のカードローン会社が多いため、安心してお金を借りることができる のです。

また大学などの奨学金も一種のローンです。多額のローンであるためこれを返すために何十年もかかったという人も少なくはありませんし、返済することができないと滞納してしまう人もいます。

思う存分遊べるのも若いうちだからと欲しいものを買ったり旅行に行ったりするのは何も悪いことではありません。中にはお金を借りてでも思い出作りを優先すると言うの人もいます。しかしその後にはきちんと返済をしなければならないのだということを頭に入れておきましょう

奨学金がある人は何年かけて返していくのか、学生のうちにどれだけ遊びで使うのかなど、学生時代からすでにお金の管理はきちんと行っていく必要があるのです。

お金を借りる場合

個人がお金を借りる場合には、銀行、もしくは、消費者金融などの貸金業者を利用することになります。いわゆる、個人向け融資商品ということで、無担保の場合には、銀行カードローンや消費者金融キャッシングを利用することになります。

以前は、この分野は、消費者金融業者などの貸金業者がほぼ独占しており、サラ金全盛時代を迎えた時期には、駅前にはポケットティッシュを配る消費者金融業者の若手社員の姿をどこに行っても見ることができました。

その後に、厳しい取り立てが社会問題化されることとなり、最終的には貸金業法の改正ということで決着しますが、貸金業者は大打撃をこうむり、全盛時代から一気に転落していくこととなります。

ここで登場してきたのが銀行で、大手消費者金融を買収しグループ傘下とすることで、そのノウハウを吸収し銀行カードローンを積極的に展開することになり、大きなシェアを獲得し今日に至ります。銀行カードローンの場合には、消費者金融キャッシングと比べると金利がやや低くはなりますが審査が厳しくなります。

特に大手銀行系カードローンの場合には、グループ傘下の消費者金融業者のノウハウが生かされているうえに、保証会社も担当していることが多く、低金利で一見とても良い選択と思いがちです。

つまり無担保でお金を借りる場合には、まず消費者金融を検討するのが得策です。銀行は審査が厳しいため誰もが借りれるとは限りません。無利息サービスなどを賢く使い、自分に合ったものを選択すると良いでしょう。

お金を借りる人の特徴

何らかの事情で金融機関や知り合いからお金を借りるという人は非常に多く、中には急にまとまったお金が必要になって仕方なくという人も少なくありません。ですが日常的にお金を借りるという人にはいくつかの特徴が見られており、その特徴の多くが多重債務者などにも見られているため注意が必要だと言われています。

例えば普段からよく嘘を付くという人には借金を抱えていると言うことが少なくなく、嘘と借金はほぼセットだといわれているほどよく当てはまる特徴だと言われています。これは嘘をついて相手を騙しながらお金を借り、さらに返済を求められた場合は嘘をついて返済を誤魔化すなど嘘を繰り返しながらどんどん借金を重ねていくというケースになっています。

ほかにも見栄を張りたいという人もお金を借りることが多く、相手におごってあげたり何かを買ってあげて感謝される事に優越感を感じやすい人に多いようです。感謝されて見栄を張りたいがために借金をするというもので、羽振りのいいと思われている人に多い傾向であるとされています。

さらに依存芯が強いという場合は相手に見捨てられたくないからこそお金をたくさん持っていたい・ お金で相手を繋ぎとめておきたいと考えてしまう事からお金を借りるということが多いですし、そもそもお金を使うことに満足感を得てしまう散財癖を持っているという場合も借金を作りやすくなっているようです。

そして定番であるギャンブル依存になっている場合も含めて、上記のようなタイプは借金を抱えやすいため注意が必要です。

安心してお金を借りるには

日常生活をしている中で、急遽お金を借りる必要が出てくることもあるものです。どれだけ計画的にお金を使っていても大きな出費によって、お金が必要になることは決して珍しくはありません。そのようなときに安心してお金を借りる方法としては、カードローンなどを利用するというものがあります。

これは返済をするだけの余裕があるという条件のもとではありますが、人に借りるよりもずっと安心してお金を借りることができます。安定した収入と職業についていれば、初めてであっても簡単に利用をすることができるので安心です。

金利などの負担を心配することでしょうが、カードローンというのは短期間あるいは少額を借りるのであれば金利の負担というのはそれほど大きいものではないので、少しお金に困ったときに一時的に借りるというものであればそこまで負担が大きなものではありません。

ただし、金額が大きくなれば当然金利の負担は重くのしかかってくることになるので、良く考える必要はあります。少額の金額であれば人からお金を借りようとして人間関係が悪くなってしまうということになったり、必要な時期までにお金を用意することができない、といったことを避けることができるのでカードローンは便利な方法となります。

カードローンなどのお金を借りることができるサービスというのは、上手に使えば安心して、いざという時にお金を借りることができるためこのような方法もあると覚えておくと頼りになる存在です。

記事一覧

Top